フリマアプリを利用するメリットとデメリット

フリマアプリはスマートフォンの専用アプリを使う事で
自分の不要品をネット上のフリーマーケットに
出品する事が出来る便利なアプリです。

 

しかし、フリマアプリを利用するにもメリットデメリットがありますので、
フリマアプリを利用する前には
きちんとフリマアプリの良い所と悪い所を把握しておきましょう。


フリマアプリを利用するメリット

自分で好きな値段を付けて売る事が出来る

まずフリマアプリの良い所の一つは自分で好きな値段を付けて売る事が出来る事です。

 

基本的にお店やネット業者に依頼する買取サービスでは買取価格はお店や業者側に一方的に決められてしまいますし、ヤフオクは競売形式なので終わってみなければ実際にいくらで落札されるのか?は分かりません。(ヤフオクには即決価格というシステムもありますが)

 

しかし、フリマアプリはヤフオクの競売形式とは異なりフリーマーケット形式なので自分の出品する商品に自由な価格を付ける事が出来ますので100%自分の想定した通りの金額で売る事が出来ます。

 

ヤフオクよりお手軽に出品する事が出来る

フリマアプリはヤフオクを利用するよりお手軽に出品する事が出来る事もメリットの一つです。

 

フリマアプリはヤフオクのようにシステムが複雑ではなく、非常に簡単に商品を出品する事が出来ます。
例えばオタマートというフリマアプリであれば、以下の入力項目を入力するだけで出品が出来ます。実際やってみると想像以上に簡単でビックリします。

 

 

「画像」はスマホで撮影し「商品名」と「商品説明」「タグ」「販売価格」は自分で入力する必要がありますが、「カテゴリ」「商品の状態」「配送料の負担」「配送方法」「発送元の地域」「発送日の目安」は選択式で選んでいくだけなのでスムーズにやれば5分で出品する事が出来ます。

 

Youtubeでも実際に動画としてアップしている方もいらっしゃいますので、実際の使用感を参考にされてみるのも良いと思います。

 

 

 

出品の利用手数料がかからない

次にフリマアプリのメリットは出品する際の利用手数料がかからない事です。

 

ヤフオクは出品するためにはヤフープレミアム会員という有料会員にならなければ出品する事は出来ないですが、フリマアプリは出品する際の手数料は一切かかりませんので気軽に出品する事も出来ます。

 

 

買取サービスを利用するより高く売れる可能性が高い

続いてフリマアプリの良い所の一つはお店やネット業者の買取サービスを利用するより高く売れる可能性が高い事です。

 

何故なら、お店や業者は買い取った品物は買取時より高くお店で販売して利益を得るシステムなので買取時の金額は市場相場より必ず安くなってしまうからです。

 

しかしフリマアプリを使うとお店や業者を仲介しないため高く売れる可能性が高くなるわけですね。

 

 

売り方も自由自在

そして最後にフリマアプリのメリットは売り方も自由自在であることです。

 

例えばフィギュアを単体で出品しても良いですし、他の商品とセットにして出品する事も出来ます。以下の画像のようにプリキュアのフィギュアをまとめ売りといった方法も取る事が出来ます。

 

 

まとめ売りをする事で発送回数を減らす事が出来ますので上手く組み合わせる事で手間を少なくして高く売る事が出来ます。

 


フリマアプリを利用するデメリット

以上がフリマアプリを利用する事のメリットを紹介しました。

 

では、引き続きフリマアプリのデメリットを解説していきます。

 

出品や発送などの手間がかかる

まず、フリマアプリのデメリットはヤフオクと同じように個人間の取引になりますので出品や発送などの手間がかかってしまうことです。

 

フリマアプリはいくら出品がかなり簡単に出来ると言っても数が多くなると手間がかかりますし、売れたら発送などの必要も出てきますのでどうしても手間がかかってしまいます。

 

お店や業者の買取サービスであればフィギュアをお店に持ち込んだり郵送するだけで買取完了しますので買取サービスのお手軽さと比べると、手間がかかってしまうのは仕方が無いと言えるでしょう。

 

 

各種の利用手数料がかかる

次にフリマアプリのデメリットは各種の利用手数料がかかる事です。

 

例えばオタマートであればシステムの利用手数料が販売額の10%と決められています。

 

 

つまり3000円で商品を売るとシステム手数料に300円(10%)がかかり受け取れるお金が2700円になってしまいます。

 

更にここからオタマートから口座へお金の振込時にも手数料がかかってしまいます。

 

 

オタマートは10000円未満の振込は210円の手数料を必要としますので2700 - 210円 2490円と冷静に見ると結構手数料がかかる事が分かります。

 

そして更にここから配送料を出品者負担にすると郵送料もかかってしまいますので更に実際に受け取れるお金が減ってしまいます。もちろん落札者負担にして送料をゼロにすることも出来ますが、当然その分商品が高く売れなくなってしまいます。

 

出品自体は無料で出来ますが購入時の手数料が高いので注意しましょう。(ちなみにヤフオクの落札手数料は5.40%なのでフリマアプリは手数料が倍近くかかります。)

 

 

取引上のクレームやトラブルに巻き込まれてしまう可能性がある

続いてフリマアプリのデメリットは運が悪いとクレームやトラブルに巻き込まれてしまう可能性がある事ですね。

 

フリマアプリは個人間の取引になりますのでクレームやトラブルはつきものですし、郵送事故が発生してしまう可能性もあります。仮にもしそうなってしまうと非常に面倒な事になってしまう可能性もあります。

 

フリマアプリは個人間の取引なので詐欺のリスクがありますので、利用するからにはリスクを踏まえて利用するべきと言えるでしょう。

 

 

トラブルが発生した場合の補償に期待が出来ない

そして次にフリマアプリはトラブルが発生した場合の補償に期待が出来ない事です。

 

ヤフオクのような大手オークションサイトだと個人間の取引においてトラブルが発生した場合には一定の補償がありますが、フリマアプリの場合はあくまでも運営側が取引者同士の「話し合い」で解決するようにというスタンスを取っていますので運営側がほとんど頼りにならないという声が多いです。

 

つまりフリマアプリはトラブル無く取引する分には簡単で便利なのですが、何らかのトラブルに遭ってしまった時は泣き寝入りせざるを得ないというリスクがあります。

 

> スマホのフリマアプリでトラブル?

 

 

利用者が少ない

続いてフリマアプリのデメリットはフリマアプリの利用者自体が非常に少ない事です。

 

フリマアプリはヤフオクと比較するとかなりマイナーです。ヤフオクを知らない人はほとんど居ないと思いますが、フリマアプリを知っている人はかなり限定されます。

 

フリマアプリで商品を売る場合は買い手がいてこそです。しかし、肝心の買い手が少ないので売れるのに時間がかかったり高く売れる可能性が低くなったりします。

 

 

上手く活用しなければお店で売るよりも安くなる

最後にフリマアプリを使う上で気を付けなければいけない事は上手く活用しなければお店で売るよりも安くなってしまう事です。

 

フリマアプリは上手く活用すればお店や業者の買取サービスを使うより高く売る事が出来ますが、逆に下手な活用方法だと買取サービスを使った方が手間もかからなかったし、高く売れたという事も起こりがちです。

 

例えば以下のリンクはヤフオクの事例ではありますが、お店に売れば10850円だったのにヤフオクで売ってたったの3300円になってしまったという実例もありますので紹介しておきます。

 

> ヤフオクで下手な売り方をして大幅に損をしてしまった事例を紹介

 

フリマアプリを使う場合でもこのヤフオクの事例のような大損をしてしまう場合もありますので注意しましょう。


フリマアプリのメリット、デメリットのまとめ

以上がフリマアプリを使うメリットとデメリットになります。

 

フリマアプリは誰でも簡単にお手軽に出品出来るのは良いですが、反面に利用者が少なくトラブルに遭った時の保障が期待出来ないというデメリットがありますのでこのリスクについては理解した上で利用しておきましょう。

 

あとはフリマアプリは手数料が高いのも欠点です。ヤフオクだと5.40%に対しフリマアプリは10%近くを手数料として取られますので結構大きいです。

 

そのため、フリマアプリより安全に取引をしたいという方や高く売りたい方はヤフオクの方が良いですし、出品や発送などの面倒な事をしたくないという方には買取サービスの方がおすすめですね。

 

> ヤフオクでフィギュアを売るための情報まとめ記事はこちらをクリック

 

> おすすめのフィギュア買取サービスを知りたい方はこちらをクリック

 

ただし、フリマアプリは出品が非常に簡単で出品手数料もかかりません(注:購入時に手数料はかかります)ので簡単に出品したいという方にはおすすめの方法です。

 

> フリマアプリでフィギュアを売るための情報まとめ記事はこちらをクリック