フィギュアを通信買取の依頼をする際に注意しておきたいポイント

フィギュアの通信買取の際の注意点

フィギュアを売りたいと思ったときの方法の1つとして便利なものが通信買取です。

 

買取依頼をWEBページから申し込んでフィギュアをダンボールに詰めて
お店に郵送するだけでフィギュアを売る事が可能のため、
わざわざ大きいフィギュアを持ち歩く必要もないため
非常にお手軽で人気のある買取方法です。

 

しかし、通信買取は直接お店へ売りたいフィギュアを持っていって売る方法とは異なり、
様々な落とし穴があります。
ここの落とし穴を事前に知っておかなければ損をしてしまいますので注意してください。

 

えっ!?手数料が掛かるの!そんなの聞いてないよ!!

まず、第一に注意しないといけない事の一つは手数料がかかることです。

 

お店に直接持ち込んで買取依頼をする場合は特に手数料がかからなかったりしますが、
通信買取では何故か手数料がかかってしまうお店が実はあります。

 

例えば、有名な「まんだらけ」がそうですね。
お店に直接持って行く場合は手数料なんてかからないのですが、
通信買取を利用した場合は通信買取手数料(400円)がかかってしまいます。

 

しかも、この手数料に対する問題点は
お店側がこの事実を凄く分かり辛い所に明記しているため普通だとなかなか気づくことが出来ないんです。
何せ手数料がかかってしまうなんて普通はあまり可能性を考えないですからね。

 

だから、後になって手数料が掛かるなんて聞いてない!となってしまうんです。

 

実際に通信買取手数料の事実に気が付かずに売って損してしまった実例もあるぐらいです。
この記事はチェックしておいたほうがいいですよ。

 

 > 本を売ったら-200円になった

 

そのため、手数料がかかるのか?かからないのか?ぐらいはチェックしておいた方が良いですよ。
ここを知らないとちょっと損して嫌な気分になってしまいますからね。

 

送料は無料でも返送料が有料であるお店は避ける

続いてフィギュアを通信買取する際に注意しておいた方が良いポイントは、
返送料が有料のお店は避けるということです。

 

実はフィギュアをお店に送る際は無料だったとしても買取価格に不満があって
返送して貰う場合の返送料は有料であるお店はかなりの数があります。

 

もし、返送料が有料のお店に査定を依頼した場合、
買取価格に不満があった場合に返送して貰う場合の送料を自分で負担しなければなりません。

 

また、更に気を付けた方が良いのは返送料が有料のお店は、
気軽に返送する事ができないため、
お店側にわざと安い買取価格を付けられてしまう可能性も捨てきれません。
もちろん全てのお店がそうではありませんが、
返送料が有料というのは売る側にとっては何も良いことが無いのです。

 

そのため、フィギュアを通信買取依頼する場合は返送料は無料のお店を利用するようにしてくださいね。

 

送料が有料のお店を利用するのはそもそも論外

最後にフィギュアを通信買取依頼する際に気を付けた方がいいのは、
フィギュアを郵送する際の送料を負担してくれないお店は利用しない事です。

 

通信買取をやっているお店は送料無料と送料有料のお店がありますが、
わざわざ送料が無料のお店があるのに有料のお店を利用する必要はありません。

 

何故これからフィギュアを売ってお金に変えようとしているのに、
こちらからお金を払わなければならないのでしょうか?
かなり損していると言えますので利用しないでくださいね。

 

ちゃんと送料無料のお店に依頼して賢く取引しましょう。


送料も返送料も手数料も無料である所に依頼するのがベスト!

フィギュアを売る場合は送料も返送料も手数料も無料のお店を選びましょう

さて、フィギュアの通信買取依頼する場合の注意点をまとめてみました。

 

まとめますと・・・

 

  • 送料無料のお店
  • 送料無料でなく返送料も無料
  • 手数料がかからないお店

 

この3つの条件を満たすお店に依頼する方が余計なお金がかかりませんので、
結果的により高く売る事が可能になりますよね?

 

では、上記の3つの条件を満たすお店はどこになるのでしょうか?
それは・・・。

 

 > 送料も返送料も手数料も無料のお店をチェック!