オークション代行を利用するメリットとデメリット

オークション代行とは自分自身でオークションサイトを利用する代わりに出品〜発送までを代行してくれるサービスです。

 

オークション代行を上手く活用する事で自分でオークションをするより面倒事が少なく、かつお店で不要品を買い取って貰うより高く売る事が出来ます。

 

しかし、オークション代行を利用するにもメリットデメリットがあります。

 

オークション代行はお店の買取とは異なるシステムで出来ていますので、きちんと特徴を理解した上で利用しなければ逆に損をしてしまう可能性もありますので、きちんとメリットとデメリットは理解しておきましょう。

 

それでは、このページではオークション代行を利用するメリットとデメリットについて解説します。


オークション代行を利用するメリット

メリット

オークションを自分で実施するより面倒が少ない

オークション代行を利用する最大のメリットは自分でオークションをするより面倒な事が少ない事です。

 

自分でオークションを行うと写真の撮影出品文章の執筆、入札状況の確認質問対応落札後の入金のやりとり発送評価の付け合いなど非常に面倒な事を自分自身で行わなくてはいけません。

 

しかし、オークション代行を利用すると上記のような面倒な事は全てオークション代行業者の人があなたの代わりにやってくれますので非常に楽ちんです。

 

 

オークションサイトのアカウントが無くても利用できる

オークション代行はあなた自身がヤフオクのようなオークションサイトのアカウントが無くても利用する事が出来ます。

 

オークション代行業者自身のアカウントを使ってやりとりをしますので、あなたはオークションサイトのアカウントを作る必要がありません。

 

本来、ヤフオクを利用する場合はプレミアム会員にならなければ出品する事が出来ないですし、ヤフオクのプレミアム会員は月額会員費を必要としますが、このような会員費用も払う必要がありません。

 

 

オークション代行業者の信頼と実績で高く売る事が出来る

オークション代行で不要品を売買する場合はオークション代行業者の会社が保持しているオークションサイトのアカウントを使って商品のやりとりをします。

 

オークション代行業者のオークションサイトのアカウントは既に何千件、何万件といった多くの取引の実績と評価がありますので高く落札される可能性が高くなります。

 

それに商品を良く見せるための撮影テクニックのノウハウなどもありますので、更に落札額が高くなりやすいです。

 

もし、ヤフオクを一度も利用したことが無いという人がヤフオクをすると一度も取引実績が無いために落札者に信頼されずに入札が減ってしまったり、撮影の写真が下手くそで落札額が低くなってしまいやすいです。

 

しかし、オークション代行を利用すれば、そのような心配は不要です。

 

 

オークション代行の手数料でマイナスになることはない

オークション代行を利用すると一定の手数料がかかってしまう事が欠点です。

 

そのため、もしオークション代行を利用して不要品が高く売れなかったら逆に手数料でマイナスになってしまうのではないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんがそのような心配は不要です。

 

オークション代行業者はそもそもあまり高く売れる見込みの無い者は事前に断られてしまいますし、仮に取り扱って貰って高く売れなかったとしても落札額以上の手数料が取られる事がありません

 

ただし、デメリットの項で書きますが受け取るお金が0円になる事はあります。

 

 

個人情報が落札者に伝わる事が無い

オークション代行を利用するメリットの一つはあなたの個人情報が落札者に伝わる事が無い事です。

 

通常、自分自身でヤフオクを実施すると落札者にあなたの住所や名前を伝える必要があります。

 

しかし、オークション代行業者の名前を使ってやりとりしますので、落札者に住所や名前を知られてしまう事は100%ありません

 

※ただし、オークション代行業者には個人情報を伝える必要はあります。

 

 

クレームが100%来ない

最後にオークション代行を利用するメリットはクレームが100%来ない事です。

 

もし、仮に落札者が商品に対して何らかの不満を持ったとしても、あなたの元にクレームが来ることが100%ありません。

 

全てオークション代行業者が代わりにクレーム対応を行ってくれますので、オークションで売買して落札者からクレームが来たらどうしようという心配をする必要はありません。

 

気軽に利用出来る事がオークション代行を利用するメリットの一つであると言えます。


オークション代行を利用するデメリット

デメリット

オークション代行を利用すると手数料がかかる

オークション代行のデメリットの一つは手数料がかかってしまう事です。

 

例えば、オクサポのようなオークション代行業者を利用すると1出品に対して以下の手数料がかかってしまいます。

 

オクサポの手数料

 

この手数料表の場合だともし3000円で落札されたとしても、1500円を手数料として徴収されてしまうことになりますので、手元に残るのは1500円ということになります。

 

3000円に対して1500円が手数料になりますので非常に高額になってしまいます。

 

そのため、商品によってはオークション代行を利用するよりは、お店に直接売りに行く方が高く買取って貰う事が出来たという事にもなりやすいです。

 

以上の事からオークション代行を利用して高く売るのであれば、事前にオークション代行に委託するアイテムがどの程度の価格で落札されたのか?を、きちんと調査した上で依頼する方が良いと言えるでしょう。

 

 

オークション出品委託申込書の記入が若干面倒

オークション代行に依頼する場合は以下の画像のような「オークション出品委託申込書」を記入しなければならないのが若干面倒です。

 

オークション出品委託申込書

 

「オークション出品委託申込書」には自分自身の個人情報と、委託したい商品に関する情報を記入する必要がありますが、この委託したい商品の情報を記入する事が結構面倒です。

 

例えばオクサポ(旧エコネット・トレーディング)の「オークション出品委託申込書」には「商品名」「購入時期」「購入価格」「購入場所」「使用期間」「状態・動作」「付属品」やオークションを出品する上での「アピールポイント」などを明記しなければなりません。

 

それが10品も20品もなってしまうと、記入事項が多いため、手間暇がかかります。

 

お店に買取を依頼する場合は不要品をまとめて持ち込めば後はお店側が勝手にやってくれますので、お店とオークション代行のどちらが簡単に売れるのか?と、なれば当然お店の買取の方に軍配があがってしまいます。

 

 

安物をオークション代行に依頼すると手数料で丸損してしまう

続いてオークション代行を利用するデメリットは落札価格の安いものを委託してしまうと手数料で丸損してしまう事です。

 

例えば、以下の画像は実際にオークション代行に「漫画セット」を依頼した結果なのですが、落札価格が500円1000円でしか落札されなかったため、全てオークション代行に手数料で徴収されてしまって受け取るお金が0円になってんしまいました。

 

オークション代行で丸損

 

これなら、ブックオフに持ち込んだ方がまだマシと言える状態ですね。

 

別に「漫画セット」に関わらずあまり落札価格が高く無いものをオークション代行に依頼してしまうと、このように受け取るお金が0円になってしまう事も充分考えられます。

 

その事からオークション代行に依頼する場合は事前の相場のチェックは必須と言えるでしょう。


まとめ

以上がオークション代行を利用するメリットとデメリットです。

 

オークション代行は上手く活用する事で自分自身で面倒臭いヤフオクを行う必要がなく、かつお店で売るより高く売る事が出来ます。

 

しかし、その反面下手に利用するとお店で売るよりも安くなってしまったり最悪受け取るお金が0円になってしまう事もありえます。

 

基本は事前におおよその落札価格を調べておいたり、セット売り等で委託をすることが賢い方法と言えるでしょう。

 

> オークション代行のまとめページに戻る